プロ野球 2021年シーズン開幕!!

阪神タイガース

今年は無事に開幕しました!

去年は新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期してましたので、無事に開幕してくれてよかったです。

球場では、収容人数を1万人までに限定していたり、大声を出した応援やバルーン風船の禁止といった中での応援となりますが、それぞれの球団がファンの人たちに勇気や希望を届けようと頑張っているので、コロナウイルスの感染防止をしつつ応援していきましょう。

開幕初戦の阪神

  • 佐藤輝明選手のプロ初打席で犠牲フライで初打点!
  • サンズが1日で2本のホームラン!
  • 藤浪晋太郎投手の完全復活に暗雲!?
  • エラーが多い
  • ルーキー石井投手と中野選手が出場
  • 阪神タイガース勝利スタート

2回表で大山選手とサンズ選手の連打で迎えたノーアウトランナー一三塁の場面で佐藤輝明選手に回って来ました。プロ初打席が絶好のチャンスで回って来るなんて持ってますね。

フルカウントから逆方向のレフト側に鋭い当たりを放つもレフトの青木選手に取られ、その間に大山選手がタッチアップで見事初打点を上げました。

それにしても、新人相手にあんなに内角攻めはかわいそうだな。

サンズ選手がこの日だけで2本のホームランを放ちました。

素晴らしいスタートを切りましたね。

そして開幕投手を務めた藤浪投手は立ち上がりはきっちりと3人で抑えることができていました。

しかし、回が進むにつれて、投球が安定しなくなり、5回には右打者の山田選手にあわや危険球というボールを投げてしまいました。

開幕投手という緊張感によるもので、次回からは安定したピッチングをしてくれることをきたいしましょう。

藤浪投手が不安定になるにつれて、野手の守備も乱れていきました。

エラーとカウントされたのは2個ですが、糸原選手に大山選手に木浪選手に佐藤輝選手の守備が乱れました。

藤浪投手のワイルドピッチもあり、シーソーゲームのように点を取っても追いつかれてしまっていました。

開幕初戦にもかかわらず、手堅く勝ちにいかずに、ルーキーの石井投手と中野選手を途中から出しました。

石井投手はストレートが良かったんですが、変化球が全くストライクが入らなくて同点に追いつかれて、藤浪投手の勝ち投手の権利がなくなってしまいました。

変化球が入るようになれば、もっとストレートが活きて来るので、今後に期待ですね。

中野選手は遊撃手でいい守備も見せてくれましたし、プロ初打席で初ヒットを打ってくれました。

佐藤輝選手よりも先に初ヒットを打つことになったので、今後の活躍に期待ですね。

結果としては、4-3で見事に勝ちでスタートできました。

このまま勝ち続けて欲しいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました