【2021】阪神タイガースから最高出塁率は出るのか?セ・リーグの現状と歴代最高出塁率まとめ

バッター 阪神タイトル

今回はセ・リーグの最高出塁率が阪神タイガースから出るのか整理していきます。

2021/06/04時点では、広島の鈴木誠也選手が.420でトップにいます。阪神では、マルテ選手が、セ・リーグの6位にいます。

筆者のプロフィール

  • 阪神タイガースファン歴を約14年ほどになります。
  • 年に10回〜20回程度は球場で観戦しています。
  • 神奈川県に引っ越して10年になる濱虎でハマスタにはよく出没します。
  • 大手メーカーで品質保証を10年勤めてデータ分析が得意です。

2021/6/4時点のセ・リーグ出塁率上位者

セ・リーグ内の出塁率ランキング上位者と阪神内で対戦球団ごとの成績を見ていきましょう。

出塁率は安打などの出塁する確率を表しており、下記の計算式になります。

出塁率 = (安打 + 四球 + デッドボール) ÷ (打数 + 四球 + デッドボール + 犠飛)

最高出塁率は、規定打席数を超えた選手の中から出塁率の高い選手になります。

セ・リーグ内の安打数ランキング上位者

20210604時点の出塁率上位者

2021/06/04時点では、広島の鈴木誠也選手が.420でトップにおり、阪神ではマルテ選手が6位の.374と少し離されています。

安打数が多い選手はもちろんのこと、四球の多さが重要になります。単なるヒットが多い選手よりも長打が多い選手の方が、相手投手が甘い球を投げないようにすることで四球が増えて出塁率が高くなることが多いです。

次に下記グラフは出塁率の分子となる安打と四球とデッドボールの数の合計になります。鈴木誠也選手は5月中旬に新型コロナウィルスの陽性になってしまい合計が低いですが、そこまでで約半月の3位の塩見選手以上の出塁をしていました。

20210604時点の出塁率上位者の出塁数

2021年のマルテ選手は選球眼が良く、四球が目立つことから、「マルテ、ミルテ」というキーワードがSNSで盛り上がっています。

歴代のセ・リーグ最高出塁率

過去の歴代のセ・リーグ最高出塁率がどのくらいだったのか見ていきます。

歴代最高出塁率と阪神内上位者

2000年以降では、最も低いのが.395、最も高いのが.468となっています。

阪神では鳥谷敬選手が獲得しています。残念ながら最も低い年の時のみになります。.400を超えたことがある選手では、金本知憲氏、糸井嘉男選手になります。

ちなみに鳥谷選手は四球が多かったことから、四球で出塁するとSNS上では「鳥谷さんぽ」というキーワードで盛り上がってました。

2021年では、マルテ選手に4割超えを目指してもらって最高出塁率を獲得してもらいたいですね。

まとめ

今回はセ・リーグの最多安打が阪神タイガースから出るのかまとめます。

  • 2021時6月4日時点でマルテ選手が6位
  • マルテ選手が四球になった際は「マルテ、ミルテ」で盛り上がろう
  • 過去には鳥谷敬選手が獲得。「鳥谷さんぽ」が話題になった

まだまだチャンスはあるので引き続き応援していきましょう。

以上、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました