2021年 3-4月 5月 交流戦 6月 7月 8月 9-10-11月
過去まとめ(2009年以降) 3-4月 5月 交流戦 6月 7月 8月 9-10-11月

【阪神タイガース】2021年8月成績まとめ!148日ぶり首位陥落

阪神タイガース2021年8月成績まとめサムネイル 阪神チーム成績

2021年8月に阪神タイガースがどのような成績だったのかを説明していきます。

ちなみにこの年は東京オリンピックがあることから7/15〜8/12は試合がありません。シーズンで全143試合の内、80数試合を消化したところで、後半戦スタートしました。

  • セ・リーグでの順位は?
  • 打撃面で誰が活躍している?
  • 投手はどういう結果なのか?
  • ヒーローインタビューは誰が多いのか?

クリーンナップが機能せず首位陥落してしました

筆者のプロフィール

  • 阪神タイガースファン歴を約14年ほどになります。
  • 年に10回〜20回程度は球場で観戦しています。
  • 神奈川県に引っ越して10年になる濱虎でハマスタにはよく出没します。
  • 大手メーカーで品質保証を10年勤めてデータ分析が得意です。

セ・リーグでの順位は2位!

  • 8月終了時点は2位
  • 途中の最高順位は1位
  • 途中の最低順位は3位
2021年7月のセリーグ貯金推移
貯金推移
試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
2021年8167906874139179

2021年8月は勢いが落ちてしまい打順を組み替えたりしましたが貯金を2つ減らしてしました。そして8/29には一気に3位になってしまいました。

首位陥落は4/3以来の148日ぶりになります。

巨人とヤクルトに比べて阪神は引き分け数が少ないことで、貯金数で上回っていても勝率で負けてしまっています。

まだ途中なのでいいですが、このままの状態で優勝が決まってしまうと悔しい気持ちが強いですね。

過去の2009年からの13年間は8月を1位で終えたのは2010年と2015年でした。また、勝ち負けの差が小さい月ではあるので、いつも通りの阪神だったということだと思います。

トピックニュース

2021年8月の阪神タイガースにおける主なトピックニュースになります。詳しくは下の方の記事で説明します。

  • 8/13 西勇輝が捕まり後半戦初戦を黒星スタート
  • 8/14 二保投手が移籍後初勝利
    サンズ&大山が2本塁打ずつ打つ
  • 8/15 岩崎が今季初セーブ
  • 8/17 佐藤輝が2本塁打で田淵の球団ルーキー22号の記録に並ぶ
  • 8/18 ロハスが後半戦初本塁打
  • 8/24 青柳がリーグ最速10勝目到達
  • 8/26 近本がリーグ最多安打になる
  • 8/27 西勇輝が6連敗で99勝止まり
  • 8/28 村上が先発するも勝てず
  • 8/29 秋山も捕まり広島に3タテされる
    148日ぶりに首位陥落で3位になる
  • 8/31 青柳が5失点され追いつくも及川が打たれて4連敗

打撃面で誰が活躍している?

  • 近本光司選手が絶好調で最多安打になる
  • ロハス・Jrが本領発揮⁉︎
  • 中野拓夢選手が盗塁を6個増やしリーグトップ

打撃においては、後半戦のスタートこそはよかったものの勢いがなく、得点が思うように取れませんでした。

活躍してくれた選手について詳しく見ていきましょう。

近本光司選手が絶好調で最多安打になる

近本選手は月間打率が.403でセ・リーグの最多安打に踊り出ました。本塁打を3本も打っています。

3月のようにオリンピック休み明けは期間が開くことで調子を落としてしまうことが危惧されていましたが、そんなことはなく活躍してくれました。

  • 猛打賞(1試合で3本以上の安打)が1試合(8/26)のみ
  • マルチ安打(2本)が9試合

8月が計16試合に対して10試合はマルチ安打の成績を残しているのは素晴らしいです。

阪神のリードオフマンとしてチーム引っ張り続けてほしいですね。

ロハス・Jrが本領発揮⁉︎

本塁打が出るようになり、8月だけで4本塁打を打っており、ようやく本領発揮となるか期待です。

前半戦は活躍が見られませんでしたが、オリンピック休み中も一時帰国はしたものの数日で再来日し後半戦に向けて調整をした結果が出てきました。

他選手でも大山選手が4本塁打、サンズ佐藤輝近本の3選手が3本塁打になっており、クリーンナップとして劣らない成績を残せているのは大きいと思います。ただ、前半戦の打率が低く8月終了時点で.194なので、最後の追い上げに期待です。

中野拓夢選手が盗塁を6個増やしリーグトップ

糸原選手の不調もあり、早々に打順が2番となり、近本選手との快速コンビにて盗塁を積み重ねています。中野選手がリーグトップの22個で、近本選手が20個で2位にいます。月間打率は.250ですが新人としては十分な存在感を示しています

新人としては、佐藤輝選手の無安打となる期間が長く8/29からスタメンを外れる状況になっており、もしかしたら中野選手は新人王候補として有力になるかもしれません。

広島の栗林投手やDeNAの牧選手との争いが今後も楽しみです。

投手はどういう結果なのか?

続いて投手の注目すべきところを説明していきます。

  • 青柳晃洋投手がリーグ最速の10勝目到達
  • 秋山拓巳投手が安定感を見せる
  • 岩崎優投手とスアレス投手のセットアッパー&抑えが堅実

青柳晃洋投手がリーグ最速の10勝目到達

青柳投手が8月も2勝を挙げてリーグ最速の10勝目に到達しました。

オリンピックでは打たれてしまったので、心配していましたが、全く影響がなかったようで安心しました。

  • 8/17(火) DeNA戦 6回 118球 7奪三振 2自責点 勝
  • 8/24(火) DeNA戦 7回 115球 3奪三振 2自責点 勝
  • 8/31(火) 中日戦 5回 85球 4奪三振 5自責点 –

防御率は、8/31に5回5失点してしまい2位に落ちてしまいましたが、それでも十分好成績なので、今後の巻き返しにも期待です。

秋山拓巳投手が安定感を見せる

8月では2勝1敗で9勝目を挙げました。防御率が3戦全て0で安定感を見せてくれました。

1敗した試合も自責点0なので仕方なかったかと思います。

  • 8/15(日) 広島戦 5回 89球 7奪三振 0自責点 勝
  • 8/22(日) 中日戦 7回 90球 5奪三振 0自責点 勝
  • 8/29(日) 広島戦 6回 94球 4奪三振 0自責点(3失点) 敗

楽曲提供してもらえる10勝目まであと1つになったので、9月以降に唯一勝利できていない巨人戦でも勝利を挙げてくれることに期待しましょう。

岩崎優投手とスアレス投手のセットアッパー&抑えが堅実

岩崎投手は4試合、スアレス投手は3試合で投げて、ともに防御率0で抑えてくれました。

この2人の存在はとても大きいですね。

スアレス投手のセーブ数は27でセ・リーグのトップを継続できています。

このまま守護神として安定したピッチングに期待です!

ヒーローインタビューは誰が多いのか?

回数選手名
1回二保、サンズ、大山、岩崎、佐藤輝、
伊藤将、秋山、木浪、青柳、ガンケル
2回近本
7月ヒーローインタビュー回数

計7勝において最もヒーローになったのは、2回で近本光司選手でした。

続いてシーズン通算でのヒーローインタビュー回数は次のようになっています。

回数選手名
1回山本、陽川、梅野、小林、スアレス、チェン、糸井、
アルカンタラ、西純、及川、北條、原口、二保
2回藤浪、マルテ、西勇輝、糸原、岩崎、木浪
3回
4回中野
5回ガンケル
6回サンズ、伊藤将、大山
7回佐藤輝、秋山、青柳、近本
開幕から通算のヒーローインタビュー回数

8月で近本選手がトップの佐藤輝選手、秋山投手、青柳投手に追い付きました

いろんな選手が代わりがわりに活躍してくれて良い流れで来てます。

公示(出場選手登録・抹消)まとめ

ここでは、チームで怪我などによる離脱者がいると成績にも影響があるので、整理していきます。

うれしいことに怪我などによる離脱者は8月はいませんでした

そろそろ高橋遥人投手が一軍復帰がありそうなので、最強投手陣の最終ピースが揃うので楽しみです。

月間MVPは他球団選手

2021年8月の大樹生命月間MVP賞は8月と合わせて7・8月のMVPとして発表されます。

乞うご期待ください。

まとめ

2021年の8月の阪神タイガースについてまとめました。

  • 貯金2つ減らして貯金13でセ・リーグ2位に陥落
  • 近本選手がリーグ最多安打、ロハス選手の本領発揮、中野選手が快足を見せる
  • 青柳投手がリーグ最速10勝目、秋山投手が安定感を見せ、岩崎投手とスアレス投手の抑えが堅実
  • 打線が不安定気味だが、終盤戦に向けて期待

以上。9月以降の終盤戦に向けて期待して応援していきましょう。

GW中が新型コロナウイルスの緊急事態宣言により甲子園では無観客になってしまいましたが、球場で応援できるように体調にはお気をつけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました