2021年 3-4月 5月 交流戦 6月 7月 8月 9-10-11月
過去まとめ(2009年以降) 3-4月 5月 交流戦 6月 7月 8月 9-10-11月

阪神タイガース 3-4月の成績をどう見るか? 2009年以降の成績まとめ

阪神チーム成績

今回は、阪神タイガースの過去の成績と比較して、3-4月の成績を評価していきたいと思います。

ちなみに、シーズン開幕が3月末であることがほとんでであり、3月は数試合しかないので4月とまとめて集計しています。

  • 3-4月が成績が最終順位にどう関連してくるのか?
  • 2021年は調子がいいけど期待していいのか?

筆者のプロフィール

  • 阪神タイガースファン歴を約14年ほどになります。
  • 年に10回〜20回程度は球場で観戦しています。
  • 神奈川県に引っ越して10年になる濱虎でハマスタにはよく出没します。
  • 大手メーカーで品質保証を10年勤めてデータ分析が得意です。

過去12年の3-4月の成績

過去12年分のデータを振り返っていきます。


試合数勝利敗戦引分月末順位最終順位監督
2021年2920901
矢野燿大
2020年02矢野燿大
2019年281314143矢野燿大
2018年231112046金本知憲
2017年211410042金本知憲
2016年301414244金本知憲
2015年271314053和田豊
2014年291910022和田豊
2013年281512122和田豊
2012年261210435和田豊
2011年1577134真弓明信
2010年271611022真弓明信
2009年231111134真弓明信

過去12年で3-4月に1位で終わったことがない

表の通り、過去12年間で1位で3-4月を終えたことがないです。

2014年には、貯金9とスタートダッシュには成功していますが、広島カープも貯金9で並んでいました。

そして、その後に巨人に抜かれて行き、阪神も負けが続いて14ゲーム差で独走を許してしまいました。

3-4月の順位より良い順位になることは稀

過去12年で3-4月の成績より良い順位となったのは、2017年と2019年の2回だけです。

同順位だったのは、5回です。

3-4月の結果より良い順位でシーズンを終えることは少ないので、ぜひとも1位を取って逃げ切って優勝を勝ち取ってほしいですね。

各年の対戦球団毎の成績

ここから、各対戦球団毎の成績をみていきましょう。

2021年(20勝9敗0分)


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人633028224895
中日633015173733
DeNA651037176355
広島642022104665
ヤクルト550033175283
全体292090135832463121

2021年は20勝9敗0分の貯金11でセリーグ1位という結果でした。

新型コロナウイルスの影響で、外国人の入国手続きによる遅れや陽性者による離脱者の影響が阪神は比較的少なかったのが要因となったかと思います。

打撃面と投手面もともに安定しています。

月末に巨人戦およびバンテリンドーム(ナゴヤドームから名称変更)での中日戦でカード負け越しましたが、連敗を断ち切れたのは今後に向けても安心材料だと思います。

1位となるのも2008年ぶりのため優勝を期待していきましょう。

2021年の3-4月の詳細をまとめていますのであわせて読んでください。

2020年

2020年は新型コロナウイルスの影響を受けて、開幕が延期されたため試合がありませんでした。

2019年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人606011424129
中日633021284724
DeNA642030225273
広島431023154022
ヤクルト632124194883
全体28131411091262282121

2019年は13勝14敗1分の借金1でセリーグ4位という結果でした。

優勝することになる巨人に対して6連敗をしてしまいました。前年優勝している巨人に対してスタートから負け越してしまったのがとても痛いところです。

チームとしては、ルーキーのキナチカコンビである木浪選手と近本選手のスタメン1・2番に起用し、大山選手の4番に本格的に起用する形でスタートしました。

2018年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人615014335554
中日532018173124
DeNA2200411602
広島633020233836
ヤクルト422014143222
全体231112070881721218

2018年は11勝12敗0分の借金1で4位という結果でした。

優勝することになる広島とは3勝3敗でいい勝負をしていました。

ただし、巨人に対して大きく負け越すスタートとなってしまいました。

2017年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人532014143543
中日633020184927
DeNA431017103312
広島6330263449210
ヤクルト32101082531
全体241410087841911223

2017年は14勝10敗0分の貯金4で2位という結果でした。

優勝することになる広島とは3勝3敗でいい勝負をしていました。

どの球団にも借金を作ることなく順調かと思いましたが、最終的は2位で終えてしまいました。

2016年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人623125255344
中日624019264424
DeNA752027145464
広島633032306054
ヤクルト522125254252
全体30141421281202532218

2016年は、14勝14敗2分の貯金0で4位という結果でした。

優勝することになる広島とは3勝3敗でいい勝負でした。

DeNAには勝ち越せていましたが、巨人と中日に負け越してしまいました。

2015年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人624016234023
中日642025215131
DeNA514014264113
広島422015213534
ヤクルト642018174124
全体2713140881082081115

2015年は、13勝14敗0分の借金1で4位という結果でした。

優勝することになるヤクルトには勝ち越せていたのに残念ですね。

2014年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人642028295761
中日642036225531
DeNA642040276953
広島532020174056
ヤクルト642047396945
全体29191001711342902316

2014年は、19勝10敗0分の貯金9で2位でした。

貯金9で1位ではないことに驚きですね。

優勝することになる巨人にも勝ち越したもののシーズン後半に失速してしまったのが悔やまれるところです。

2013年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人632116134422
中日624013254805
DeNA642023234936
広島422024214153
ヤクルト64202295831
全体281512198912401317

2013年は、15勝12敗1分の貯金3で2位でした。

優勝することになる巨人には勝ち越していました。

中日に対して躓いてしまっていますね。

2012年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人62317143801
中日31207112403
DeNA623125234722
広島64112154433
ヤクルト531118123850
全体26121047865191109

2012年は、12勝10敗4分の貯金2で3位という結果でした。

優勝することになる巨人には2勝3敗1分でそこまで悪そうでもないですが、得点力不足が出てきてしまっています。

2011年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人31208102201
中日3111661921
DeNA2110561810
広島523015194631
ヤクルト22001031610
全体15771444412173

2011年は、7勝7敗1分の貯金0で3位という結果でした。

優勝することになる中日には1勝1敗1分でした。

この年は東日本大震災が3月に発生し、開幕が遅れることになりましたが、野球を通じて被災者の方々に勇気を届けられるよう選手達も頑張っていました。

2010年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人7430283259105
中日624023254034
DeNA532024204773
広島43101894152
ヤクルト541029195093
全体27161101221052373417

2010年は、16勝11敗0分の貯金5で2位という結果でした。

優勝することになる中日には2勝4敗で負け越していました。

2009年


試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人302112162453
中日523013213435
DeNA642031225945
広島642038196851
ヤクルト312012142523
全体2311111106922101917

2009年は、11勝11敗1分の貯金0で3位という結果でした。

優勝することになる巨人には0勝2敗1分と負け越してます。

まとめ

2009年から2020年のデータを見ていきました。

その結果としては次のことが言えます。

  • 過去12年で3-4月に1位で終わったことがない
  • 3-4月の順位より良い順位になることは稀

是非とも阪神タイガースには開幕スタートダッシュで優勝に向けて頑張ってほしいですね。

今後も期待していきましょう。

5月成績もまとめていますのであわせて読んでいただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました