2021年 3-4月 5月 交流戦 6月 7月 8月 9-10-11月
過去まとめ(2009年以降) 3-4月 5月 交流戦 6月 7月 8月 9-10-11月

阪神タイガース 9月10月11月の2009年から過去12年分の成績まとめ

阪神チーム成績

今回は、阪神タイガースの過去の成績と比較して、9-11月の成績を評価していきたいと思います。

通常であれば10月初旬にシーズンは終了しますが、オリンピックや震災や新型コロナウイルスの影響で11月まで長引いたシーズンもありました。

本記事では、クライマックスシリーズや日本シリーズは省いています。

筆者のプロフィール

  • 阪神タイガースファン歴を約14年ほどになります。
  • 年に10回〜20回程度は球場で観戦しています。
  • 神奈川県に引っ越して10年になる濱虎でハマスタにはよく出没します。
  • 大手メーカーで品質保証を10年勤めてデータ分析が得意です。

過去12年の9-11月の成績

過去12年間のデータを見ていきましょう。

試合数勝利敗戦引分前月
順位
最終
順位
監督
2020年603125432矢野燿大
2019年21138043矢野燿大
2018年331220146金本知憲
2017年251210322金本知憲
2016年19109054金本知憲
2015年25915113和田豊
2014年261313032和田豊
2013年301018222和田豊
2012年281214255和田豊
2011年431922234真弓明信
2010年301514112真弓明信
2009年321715044真弓明信

過去12年は大きく勝ち越すことができず優勝を逃す

シーズン終盤で優勝に向けてラストスパートとなる月ではありますが、大きく勝ち越すことが無いです。

そのため、そこまで1位だった年でも他球団が連勝をして追い抜かれることで優勝を逃してきました。

阪神も9月に連勝をすることはありますが、その後にそれ以上の連敗もすることが多いので、連敗をしないことの方が重要かもしれません。

各年の対戦球団毎の成績

ここから、各対戦球団毎の成績をみていきましょう。

2020年(31勝25敗4分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
2020/9巨人6240293151106
2020/9中日523018243265
2020/9DeNA632127305573
2020/9広島33001472642
2020/9ヤクルト633021185043
2020/10巨人743025246256
2020/10中日743023155735
2020/10DeNA421123163832
2020/10広島623124284653
2020/10ヤクルト32011262922
2020/11巨人101004101
2020/11中日0
2020/11DeNA2110661801
2020/11広島110020610
2020/11ヤクルト321012132433
2020/99月小計26131211091102143119
2020/1010月小計2714103107892321818
2020/1111月小計743020234945
2020/9-119-11月小計60312542362224955342
全体通算全体1206053749446096711085

2020年は新型コロナウイルスの影響で、開幕が6月に遅くなり、シーズンが11月まで続きました。

2020年の9-11月は、31勝25敗4分の貯金6で2位でした。

11月終了時点のシーズン通算では、60勝53敗7分の貯金7でした。

優勝することになる巨人に対しては9月に4連敗をしてしまい、追いつくのは難しいと思ってしまった方もいたのではないでしょうか。

巨人貯金22

2019年(13勝8敗0分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人43101472821
中日43101672943
DeNA43102493903
広島422016143021
ヤクルト523019305232
9月小計21138089671781110
シーズン通算14369686538566122494102

2019年の9月は13勝8敗0分の貯金5で月末順位は3位という結果でした。

9月終了時点のシーズン通算では、69勝68敗6分の貯金1でした。

優勝することになる広島に対しては2勝2敗でいい勝負をしてました。

シーズン終盤で残りすべて連勝すれば3位でクライマックスシリーズに行けるという状況で6連勝で3位になれました。

2018年(12勝20敗1分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人40317182812
中日734027306545
DeNA853053348182
広島844052319462
ヤクルト606014333702
9-10月小計33122011531463051913
シーズン通算1436279257762812338593

2018年の9-10月は12勝20敗1分の借金8で月末順位は6位という結果でした。

10月終了時点のシーズン通算では、62勝79敗2分の借金17でした。

優勝することになる広島に4勝4敗でいい勝負でした。

巨人とヤクルトに0勝で全く勝てませんでした。10月に5連敗と3連敗で負けが続いてしまい、結果最下位になりました。

2017年(12勝10敗3分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人622219215143
中日5410241140102
DeNA843134317855
広島514023264652
ヤクルト1100811411
9-10月小計2512103108902292513
シーズン通算14378614589528120311382

2017年の9-10月は12勝10敗3分の貯金2で月末順位は2位という結果でした。

10月終了時点のシーズン通算は78勝61敗4分の貯金17でした。

優勝することになる広島に1勝4敗で負け越した。

広島は9月に入ってから8連勝で再び独走状態になり、最終的に貯金37で優勝しました。

2016年(10勝9敗0分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人633017125125
中日2200611321
DeNA624019244676
広島2110871431
ヤクルト321010122826
9-10月小計19109060561521619
シーズン通算1436476350954611739096

2016年の9-10月は10勝9敗0分の貯金1で月末順位は4位という結果でした。

10月終了時点のシーズン通算は64勝76敗3分の借金12でした。

優勝することになる広島に1勝1敗で、他球団含め大きな動きはありませんでした。

2015年(9勝15敗1分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人523012143403
中日532016113921
DeNA312011132823
広島926114276626
ヤクルト31201182422
9-10月小計2591516473191815
シーズン通算1437071246555011607877

2015年の9-10月は9勝15敗1分の借金6で月末順位は3位という結果でした。

10月終了時点のシーズン通算は70勝71敗1分の借金1でした。

9月になって1敗してから3連勝をして期待しましたが、その後は3タテはありませんが連敗が続き、4位の広島にも一時追いつかれ、最終的には3位でした。

優勝することになるヤクルトには1勝2敗でした。広島に6敗もしたのが大きかったですね。

2014年(13勝13敗0分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人30305172201
中日624021255724
DeNA844022216123
広島541026244044
ヤクルト43101593531
9-10月小計261313089962151113
シーズン通算1447568159961412749485

2014年の9-10月は、13勝13敗0分の貯金0で月末順位は2位でした。

10月終了時点のシーズン通算は75勝68敗1分の貯金7でした。

優勝することになる巨人には0勝3敗で負け越しました。

一時は2位広島に差をつけられる状態でしたが、最後の最後で広島が負け越したことで2位になりました。巨人は貯金21で独走状態で優勝しました。

2013年(10勝18敗2分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人422019203533
中日614119224733
DeNA835037318672
広島514014153922
ヤクルト733121296315
9-10月小計30101821101172701615
シーズン通算1447367453148812368264

2013年の9-10月は、10勝18敗0分の借金8で月末順位は2位でした。

10月終了時点のシーズン通算では、73勝67敗4分の貯金6でした。

優勝することになる巨人に2勝2敗で勝ち切れませんでした。

巨人は貯金31で2位阪神が下がっていったため余裕の優勝をしました。

2012年(12勝14敗2分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人623116154944
中日734016124622
DeNA3201842603
広島4310732323
ヤクルト826024266445
9-10月小計281214271602081217
シーズン通算14455751441143811155769

2012年の9-10月は、12勝14敗2分の借金2で月末順位は5位でした。

10月終了時点のシーズン通算では、55勝75敗14分の借金20でした。

優勝することになる巨人に2勝3敗で連敗してしまい、通算は5勝15敗4分で巨人戦だけで借金10になってしまいました。

2011年(19勝22敗2分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
2011/9巨人311115123511
2011/9中日522114153934
2011/9横浜101002400
2011/9広島642027256252
2011/9ヤクルト606019375059
2011/99月小計21712275911901416
9月末シーズン通算1225660640139510237165
2011/10巨人312010111810
2011/10中日20205111701
2011/10横浜743026135742
2011/10広島53201143606
2011/10ヤクルト54102995740
2011/1010月小計2212100814818599
2011/9-109-10月小計43192221561393752325
全体通算シーズン通算1446870648244312088074

2011年は3月11日発生の東日本大震災により開幕が1ヶ月弱遅れ、10月末までシーズンが続きました。

2011年の9-10月は、19勝22敗2分の借金3で月末順位は4位という結果でした。

10月終了時点のシーズン通算では、68勝70敗6分の借金2でした。

接戦で始まった9月ですが、連勝してもそのあと連敗をするような状況で順位を上げることができませんでした。

優勝することになる中日とは2勝4敗で負け越しました。

2010年(15勝14敗1分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人532017164262
中日623110174826
横浜844034268352
広島743044328183
ヤクルト422028144743
9-10月小計30151411331053012516
シーズン通算14478633740640145817382

2010年の9-10月は、15勝14敗1分の貯金1で月末順位は2位という結果でした。

10月終了時点では、78勝63敗3分の貯金15でした。

優勝することになる中日には2勝3敗で負け越してしまいました。

8月終了時点では、巨人が貯金15の阪神と同位で、中日が貯金17で優勝しました。最後の最後で勝ち切れませんでした。

2009年(17勝15敗0分)

試合数勝利敗戦引分得点失点安打本塁打失策
巨人321014133150
中日743031255743
DeNA633015244923
広島7430341867101
ヤクルト945038338065
9-10月小計32171501321132842712
シーズン通算14467724548534123910686

2009年の9-10月は、17勝15敗0分の貯金2で月末順位は4位という結果でした。

10月終了時点では、67勝72敗4分で借金5でした。

優勝することになる巨人とは2勝1敗で勝ち越せましたが、これまでの負けを取り返すまでにはいたりませんでした。

まとめ

2009年から2020年のデータを見ていきました。

その結果としては次のことが言えます。

  • 過去12年は大きく勝ち越すことができず優勝を逃す

シーズン終盤で優勝に向けてラストスパートとなる月ではありますが、大きく勝ち越すことが無いです。

是非とも阪神タイガースには9-10月に貯金をより多く増やして優勝できるよう頑張ってほしいですね。

今後も期待していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました