【阪神タイガース】梅野隆太郎 球場で応援する前に知っておきたいこと 扇の要

選手紹介

本ブログでは、球場での観戦をメインに、テレビ観戦も含めて楽しみ方を紹介していきます。

今回は、阪神の扇の要である梅野隆太郎選手に注目していきます。

  • 梅野選手の見所は?
  • どんな選手なの?

梅野選手の見所

  • 打てるキャッチャー
  • 梅ちゃんバズーカ炸裂
  • 後ろに逸らさないブロッキング
  • ホームランパフォーマンス「U2ポーズ」
  • ヒーローインタビューでの決め台詞「明日も勝つバイ!」

打てるキャッチャー

梅野選手は打撃を買われて捕手としての位置を確立しました。

コロナ前の2019年で、打率が.266で2割台後半、本塁打は9本であと少しで2桁、打点が59で50超え、盗塁が14と2桁到達といった成績でキャッチャーとしては十分な活躍をしています。

2021年は打順が7番を務めていますが、十分強力な下位打線といえます。

打てるキャッチャーがチームにいることは優勝にはぐっと近づくので期待していきましょう。

下位打線でも応援していきましょう。

梅ちゃんバズーカ炸裂

梅野選手は肩が強いです。

キャッチャーで、ランナーが盗塁をするもしくは塁から飛び出しすぎた際に、ピッチャーが投げて取った後にそのランナーを指すために送球をします。

そこで肩の強いキャッチャーには、ちょっとした技名が付きます。

今ではソフトバンクの甲斐選手の甲斐キャノンと、阪神の梅野選手の梅ちゃんバズーカの2選手にて技名が付いています。

盗塁で簡単に相手にチャンスを与えてしまうことがないように梅ちゃんバズーカで投手を助けることが多いです。

盗塁刺はキャッチャーの力だけでなく、投手のクイック投法に依りますが、梅野選手の肩があれば多くの場面でアウトにできています。

梅ちゃんバズーカでアウトを取ることで、阪神に流れを持ってきたりもするので、今後の梅ちゃんバズーカに期待していきましょう。

後ろに逸らさないブロッキング

次は、捕手として重要な技術の一つであるブロッキングの技術力の高さです。

ブロッキングは、投手の投げた球を後ろに逸らさないように身体やグローブで止める技術です。

投手はなるべく低い投げようすることが多く、落ちる変化球を投げるとワンバウンドすることは少なくないのですが、それをブロッキングで後ろに逸らさないようにすることは重要です。

ランナーがいる場合に、後ろに逸らしてしまうだけでランナーが進んだり、場合によっては点が入ってしまいます。

ブロッキングが上手いのはそんなに大事なの?と思われるかもしれませんが、ブロッキングが上手いキャッチャーがいる場合には、投手が思い切って低めに投げることができるので、三振が多くなったりします。

なので梅野選手のブロッキングが今の強い投手陣を支えていると言っても過言ではありません。

ホームランパフォーマンス「U2ポーズ」

ホームランを打ってダイヤモンドを一周してベンチに戻ってきた際に、U2ポーズで選手達とパフォーマンスを行います。

「U2ポーズ」とは、両手の拳をそれぞれ握って親指を立てて合わせてUの形にします。名前の由来としては、梅野のUと背番号の2からU2ポーズとなった。

日刊スポーツの公式ツイッターアカウントで募集した案から梅野選手が選び2021年から採用した。

ヒーローインタビューでの決め台詞「明日も勝つバイ!」

梅野選手はヒーローインタビューで決め台詞があります。

ヒーローインタビューの最後に、ファンを巻き込んで決め台詞をいうことで盛り上げてくれます。

どんなのかというと下記になります。

梅野選手「あしたも〜」

歓声&梅野選手「勝つバイ!」

こういったパフォーマンスは一体感が生まれて楽しい気持ちにもなるので、梅野選手がヒーローになった時の楽しみです。

ちなみに、梅野選手は福岡出身なので、博多弁でこうしたパフォーマンスをするようになりました。

2021年はコロナ禍によりみんなで勝つバイとは言えないかもしれませんが、梅野選手が盛り上げてくれるのに期待しましょう。

選手紹介

ここからは一般的なデータから梅野選手を紹介していきます。全部覚えるのは不要ですが、一度目を通してもらえると、観戦をより楽しめると思います。

プロフィール

  • 名前読み方: うめの りゅうたろう
  • 生年月日: 1991年6月17日
  • 出身地: 福岡県
  • 身長/体重: 173cm/75kg
  • 投打: 右投右打
  • 経歴: 福岡工大城東高ー福岡大
  • 背番号: 2(2021〜)、44(〜2020)

打撃成績

年度所属球団打率試合数打席打数安打二塁打三塁打本塁打塁打打点得点三振四球死球犠打犠飛盗塁盗塁死併殺打出塁率長打率OPS得点圏失策
2014阪神0.1979226524949132787212378102220170.2320.3490.5810.1293
2015阪神0.23956149138339145618163361400220.2760.4060.6820.1674
2016阪神0.1353798891200012432260301040.1890.1350.3240.0953
2017阪神0.20611234028258922773322632442731030.2750.2730.5480.2315
2018阪神0.25913245538610027181534745673912815160.3280.3960.7240.2574
2019阪神0.2661294924331152239170594983346163143160.3260.3930.7180.3305
2020阪神0.26298342298781707116293677330925190.3330.3890.7230.1973

表彰関係

ゴールデングラブ賞 3回(2018、2019、2020)

特徴

入団当初から打撃が期待され、初年から7本も打ったのはキャッチャーとしては十分な活躍といえます。

そこから2、3年は捕手として投手をリードする面が弱点となり、他の捕手とのポジション争いが繰り広げられた。

2017年からスタメンでの出場機会が増え、2018年には正捕手の座を獲得した。

2018年からは打撃だけでなく、ブロッキングや梅ちゃんバズーカが注目されるようになり、ゴールデングラブ賞を3年連続で獲得するようになった。

打ってよし、走ってよし、なので、攻撃面でも欠かせない存在である。

2019年には足の指を骨折しながらも、自分はチームに必要だと考え、痛み止めを飲んで出場を続け、その時に打率や打点を多くあげて、大活躍でした。

2021年はFA権を獲得するので、どうなるか心配でもあるため、シーズンが終わったら注目である。

同期入団

主な同期入団選手を紹介します。

まずは阪神選手

  • 岩貞祐太
  • 陽川尚将
  • 岩崎優

次に他球団

  • 大瀬良大地
  • 久里亜蓮
  • 松井裕樹
  • 森友哉
  • 山川穂高
  • 石川歩
  • 二木康太
  • 加治屋蓮
  • 森唯斗

まとめ

  • 打てるキャッチャー
  • 梅ちゃんバズーカ炸裂
  • 後ろに逸らさないブロッキング
  • ホームランパフォーマンス「U2ポーズ」
  • ヒーローインタビューでの決め台詞「明日も勝つバイ!」

今回は、阪神タイガースの扇の要である梅野選手を紹介しました。

女性人気も高く、守備も打撃もチームに必要な存在なので、今後の活躍にも期待していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました