【初心者必見】知っておきたいプロ野球の球場観戦マナー10選

知っておきたい球場観戦マナーサムネイル 球場観戦&チケット情報

今回は、プロ野球の球場での観戦時に知っておきたいマナーを説明します。初心者の方はぜひ事前に読んでいただきたい内容です。

観戦マナーについては、NPB(社団法人日本プロ野球機構)から明示されている「試合観戦契約約款」があるので一読お願いします。

以下の内容では、勘違いしやすい点や対策しておくと便利な点を紹介します。

  1. 席に座って観戦する
  2. 他の席は使わない
  3. 選手へのヤジや悪口は言わない
  4. 傘をささない
  5. 鳴り物での応援はしない
  6. 観戦グッズの利用は注意が必要
  7. カメラのフラッシュは抑える
  8. 飛んできたボールを直接取ろうとしない
  9. 移動なるべく守備時にする
  10. 通路では止まらない

これらのマナーを知っておかないと球場で周りの人とトラブルになることもありますし、御自身が思う存分楽しむことができなくなってしまいます。

マナーを知っておいて楽しい観戦にしていただけたらと思います。

知っておきたいプロ野球の球場観戦マナー11選

それでは詳細にそれぞれ説明していきます。

席に座って観戦する

観戦チケットを購入した際には、ほとんどが指定席でのチケットになります。観戦時には決まった席から移動して立って見ることや他の席に座ることはNGです。写真を取りたいから前の方に移動する方がいますが係員に止められるので遠慮してください。

また、立って応援すると後ろの人が見えなくなってしまうので、トラブルにもつながりますので注意してください。

チケットに書かれた番号の席に座って応援しましょう。

席に座らない場合もあります。

  • 外野応援席での攻撃中の応援
  • タイムリーヒットやホームラン時の一時的に盛り上がった場面
  • 試合後にみんなが退出している際に球場に選手が残っている場合

外野応援席は応援しているチームの攻撃中は立って応援歌を歌いながら応援します。周りも立っているので問題ありません。

2つ目と3つ目は周りの人への配慮が必要です。周りで座っている人の妨げにならなければ基本的に大丈夫ですが、場合によってはトラブルになるので注意してください。

他の席は使わない

隣の席が誰も座ってないからといって荷物を置いたりすることはやめてください。

球場の座席の大きさは球場もしくは位置によって変わりますが、人によっては狭いと感じることが多いです。しかし、横の席が空いていた場合でも勝手に使ってはいけません。

仕事の都合等で試合が開始してしばらくしてから入場する人も多くいます。やっと着いたのに席が勝手に使われていることにイラ立つ人もいますので注意してください。

選手へのヤジや悪口は言わない

選手へのヤジや悪口を言うのはやめましょう。

かつてプロ野球でのヤジは風物詩のように当たり前に言われていましたが、今ではルール違反ですので気をつけてください。

周りには素直に応援している人にとって、推しの選手がヤジや悪口を言われていたら気分は良くないので、ファン同士のトラブルになることもあるので注意してください。

温かい言葉で選手を応援しましょう。

傘をささない

スタジアム(屋根がない球場)では雨が降っている中で試合が行われることがあります。傘をさしたくなる気持ちはわかりますが、周りの人が見えなくなってしまうので傘はささないようにしましょう。

傘をさしている人を見かけることがありますが、基本的には球場の係員に注意されることになります。

急な雨でもグッズ売り場でレインコートかポンチョが販売されていますので、傘以外の方法で雨を凌ぎましょう。

鳴り物での応援はしない

ここで言う鳴り物とは、太鼓やトランペットや笛などの楽器になります。外野応援席で使用している人がいますが、応援団として球場の許可を得て使用しています。

個人が無許可で使用することは禁止されています。

観戦グッズの利用は注意が必要

球場で応援するならユニフォームや帽子など応援する球団のグッズを身につけて応援したいと思います。

その場合に気をつけていただきたいことがあります。

  • 外野席ではレフト側/ライト側で応援チームが決まっている
  • タオルやプラカードなどは掲げたり広げすぎてはいけない

チームのベンチが1塁側か3塁側かによって、外野席でもメインで応援する人たちの席が決まっています。

例えば甲子園球場の場合、阪神タイガースは1塁側ベンチで、相手チームが3塁側ベンチを使用します。外野席では、ライト側(1塁側)に阪神ファンが座り、レフト側(3塁側)に相手チームファンが座ります。ただし、甲子園のように阪神ファンが多いことからレフト側にも阪神ファンが多く座り、相手チームファン専用となるのは一部のブロックだけの場合も多いです。

ファン同士のトラブルを避けるためにも、外野席はホーム球団応援専用の席とビジター球団応援専用の席がチケット販売時にはわかるようになっているため、購入時には気をつけてください。

応援グッズは販売しているからといって好き勝手に使っていいわけではありません。タオルにしてもバスタオルサイズのものを席で広げれば他の人の観戦の妨げにもなりますので、周りの迷惑にならないようにしてください。

座ったままで首より上には上げない範囲で横の人とぶつからない範囲で使用していただければ問題ありません。

カメラのフラッシュは抑える

カメラのフラッシュは選手のプレーを邪魔することになってしまいます。

また、周りの人も気になるほどだと注意されることもあるので注意してください。普通のスマホなどであれば問題になることはないです。

飛んできたボールを直接取ろうとしない

プレー中にファールボールやホームランで観客席にボールが飛んでくることがあります。

直接キャッチするのは大変危険な行為となるのでやめてください。選手でもデットボールで骨折することもあるほどなので避けるようにしてください。

フェンスギリギリに座っている場合は選手が取れそうなボールを観客が触ってしまってアウトが取れなかったなんてこともあり注意されるのでやめてください。

ちなみにファールボールは取っても係員が回収に来ます。危険を冒しても意味はないです。

楽しい気持ちで帰れるよう気をつけてください。

移動なるべく守備時にする

試合が始まってトイレや飲食物を買いに席を立ちたくなる時がありますが、周りの人たちに道を開けてもらって移動する場合が多いです。

推しのチームが攻撃中は集中してたり応援している人が多いので、守備の間に移動するのが比較的に迷惑だと思わないことが多いです。

通路では止まらない

ホームランやタイムリーヒットが出ると一際大きな歓声が飛びます。移動中にそうした歓声を聴くとついつい気になって、その場で立ち止まって見ちゃうことがあります。

通路がそれほど広くないので通行の邪魔になってしまうので、立ち止まらずに進んでください。

まとめ

プロ野球の球場での観戦マナーを紹介しました。

  1. 席に座って観戦する
  2. 他の席は使わない
  3. 選手へのヤジや悪口は言わない
  4. 傘をささない
  5. 鳴り物での応援はしない
  6. 観戦グッズの利用は注意が必要
  7. カメラのフラッシュは抑える
  8. 飛んできたボールを直接取ろうとしない
  9. 移動なるべく守備時にする
  10. 通路では止まらない

観戦マナーを守ってみんなで楽しいひとときになってもらえたらと思います。

以上、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました