阪神タイガース 藤浪晋太郎 球場で応援する前に知っておきたいこと

ピッチャー 選手紹介

本ブログでは、球場での観戦をメインに、テレビ観戦も含めて楽しみ方を紹介していきます。

今回は、2021年開幕投手が決まっている藤浪晋太郎投手に注目していきます。

  • 藤浪選手のどこを見たらいいの?
  • どんな選手なのか?

藤浪晋太郎投手の見所

  • 高身長で目立つ
  • 球団最速の162km/hのストレート
  • バッティングも期待してしまう
  • 他の選手の時よりファンが温かい

高身長で目立つ

身長が197cmもあります。

近年は、近本光司選手(171cm)や糸原健斗選手(175cm)などの若手選手は比較的に身長が低いです。

その上でスタイルも良いため、球場では一際目立ちます

球場の席からの遠いとこからでもその大きさが分かるくらいです。

ぜひ球場に行った場合には探してみてください。すぐに見つかるでしょう(笑

球団最速の162km/hのストレート

2020年10月19日に甲子園球場で162km/hを記録しました。

その他の球種についても同様に速いです。

特に140km/hを超えるフォークで空振りを奪う時は爽快な気持ちになります。

球場で観ていても、相手ピッチャーと比べて見ると速さがすごいことが感じられます。

ただ、球場だと変化球の変化具合がわからないので、球場で観るときには速さを体感してもらって、テレビなどで観る時にはあの速さでこんなに変化しているのかっていうのを観てもらえたらより面白いと思います。

バッティングも期待してしまう

藤浪選手はピッチャーにもかかわらず、ホームランを打つことがあるんです。

といっても、公式戦の8年間で2本しか打ってません。

ただ、0と1には大きな違いがあるため、2本も打っていれば、また打ってくれることを期待してしまうのがファンの性ってやつですかね。

それに加えて、2本目については、横浜スタジアムで放ったのが満塁ホームランでした。

普通は打者が投手の場合は、野手の場合よりも厳しくコースに投げなくても抑えられるので、ピッチャーが気を抜きすぎて打ちやすいコースに投げてしまい、投手でもヒットを打つことは珍しくありません。

しかし、満塁となれば少し話が変わってきます。

相手ピッチャーとしては、満塁では単なるヒットでも点数が取られてしまうため、四死球にもならないように注意しつつ抑えようとしてきます。

そんな中でホームランを打ってしまうなんてすごいんです。

他の選手の時よりファンが温かい

阪神タイガースファンに対して怖いイメージを持つ方も多いですが、近年の藤浪選手に対しては優しく応援するファンが増加しています。

藤浪選手が5年ほど前の4年目から制球力が悪くなり、勝てなくなってしまいました。

その要因として推測された一つに、阪神ファンからのヤジが含まれていました。

そして、2005年を最後にリーグ優勝から遠ざかっている阪神にとって、新人から3年連続2桁勝利の実績のある藤浪選手の復活を願う想いが強くなってきています。

そこで、藤浪選手にはヤジで応援するのではなく、がんばれ〜といった直接的な応援をしようと考えが広まってきています。

結果、ヤジが少なく、温かい応援をする阪神ファンという珍しい雰囲気を作り出しているのを球場で感じるのは楽しみの一つとなります。

余談ですが、阪神ファンが怖いと思われる原因について私の考えは下記です。

ホーム球場である甲子園球場以外の球場でも足を運んで応援しようと考えるファンの方が多いです。

さらに、関西の球団のため、関西弁を話す人が自然と多くなります。

ここで少し残念なのが、大きな声で叫ぶ関西弁は、関西弁に慣れてない方には高圧的に聴こえてしまいます。

野球に限らず、何かを応援する際には、一部の方はヤジを飛ばして応援します。

ヤジ自体は特別に他球団より多いとは思いませんが、人数が多いのと関西弁ということで阪神ファンが怖いというイメージが付いているのだと思います。

選手紹介

ここからは一般的なデータから藤浪晋太郎選手を紹介していきます。全部覚えるのは不要ですが、一度目を通してもらえると、観戦をより楽しめると思います。

プロフィール

  • 名前読み方: ふじなみ しんたろう
  • 生年月日: 1994年4月12日
  • 出身地: 大阪府
  • 身長/体重: 197cm/95kg
  • 投打: 右投右打
  • 経歴: 大阪桐蔭
  • 背番号: 19

投手成績

年度所属球団防御率登板先発 完投完封無四球交代完了勝利敗戦ホールドHPセーブ勝率投球回打者被安打被本塁打奪三振奪三振率与四球与死球暴投ボーク失点自責点被打率K/BBWHIP
2013阪神2.75242300001060000.625137.2563119101268.244428048420.2362.861.18
2014阪神3.53252520001180000.57916370415061729.5064116079640.2492.691.31
2015阪神2.40282874101470000.66719984016292219.9982119070530.2232.701.23
2016阪神3.25262621007110000.389169734152111769.377086178610.2382.511.31
2017阪神4.1211110000350000.37559271535416.254585030270.2480.911.66
2018阪神5.3213131100530000.62571326705708.874745045420.2621.491.65
2019阪神2.08110000000004.1234036.236200110.3080.502.31
2020阪神4.0124110000167700.14376.13417158510.024024047340.2452.131.45

ドラフト1位で4球団指名の中で、阪神タイガースがクジを引き当てた。

1年目から10勝を大活躍をして、将来の大エースとして期待されていた。

しかし、プロ4年目の2016年に、制球力が著しく悪くなり、暴投や危険球を何度も投げてしまうようになってしまいました。

原因としては、体力不足による疲労やイップスなどのメンタル面で調子を崩したとか、色々な噂が流れていました。

今のところは、OBなどの専門家から単なる技術不足と言われおり、本人も肯定しています。

元々、周りからの指導に対しても素直に聞き入れず、感覚だけでこれまで投げてきたことで、何かの拍子に立て直せなくなってしまったようです。

右打者への暴投がちょうど頭の位置となり、危険球となることが多い状態で、球速も速いため、とても危険視されていました。2019年には相手チームが全員左打者のスタメンでという公式戦ではあり得ないような光景もありました。

2020年は、暴投はまだまだ投げてしまっていますが、右打者が全く出てこないということはなくなりました。

表彰関係

  • 2015年最多三振奪取投手

プロ3年目にして221個の奪三振で最多三振奪取投手になりました。

制球力をつけるため、技術面を科学の力も使って鍛えているので、そろそろその成果が出て復活してくれることを期待です。

主な同期入団

ここでは有名どころの選手、または知っていた方が観戦をより面白くなる選手を紹介します。

まずは阪神選手

  • 北條史也 (高校の甲子園大会決勝戦で藤浪投手の相手チームの4番バッターでした)

次に他球団選手

  • 大谷翔平 (同じく長身かつ豪速球投手としてよく比較された)
  • 鈴木誠也 (不調時に応援してくれており、右打者にもかかわず打席に立ってくれました)
  • 菅野智之
  • 則本昂大
  • 東浜巨
  • 宮崎敏郎
  • 井納翔一

まとめ

  • 高身長で目立つ
  • 球団最速の162km/hのストレート
  • バッティングも期待してしまう
  • 他の選手の時よりファンが温かい

エースになるだろうと期待され、結果も残しそうというところで調子を崩してしまった藤浪晋太郎投手を紹介しました。

2021年のシーズンにおいて、矢野監督は阪神タイガースが優勝をするが、藤浪投手が結果を残して勝ってくれれば余裕を持って優勝できると言っています。

そこで任されたのが初の開幕投手です。

皆さんも、球場に足を運んで、藤浪晋太郎投手を応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました